まるで森のレストラン 映像投影で四季演出 − 岐阜新聞 Web
まるで森のレストラン 映像投影で四季演出
2017年10月11日08:38
写真:まるで森のレストラン 映像投影で四季演出
四季の映像と、手で触れると絵が描ける演出が施された室内の壁面=多治見市音羽町、「TREE by NAKED tajimi」

◆地元の食材や陶磁器と先進アート融合

 立体映像を投影するプロジェクションマッピング機能を備えた商業施設「TREE by NAKED tajimi」(岐阜県多治見市音羽町)は、四季の映像演出と地元食材を使った料理が味わえるレストランとして、11日にグランドオープンする。オープンに先駆け内覧会が行われた。

 施設はにぎわい創出を目的に、市内の建設会社などでつくる有限責任事業組合キメラが運営。プロジェクションマッピングなどを制作するネイキッド(東京都)が演出を手掛けた。同社演出によるプレイベントのスイーツアート展「SWEETS by NAKED」は、県内外の約4万人を動員した。

写真:まるで森のレストラン 映像投影で四季演出
地元食材を使った料理が披露された内覧会=同

 レストランは121席あり、奥美濃古地鶏、恵那鶏、瑞浪ボーノポーク、飛騨牛などのグリル料理を中心に、地元産の陶磁器の器で提供する。レストラン内の壁面には四季が移り変わる森の映像が投影され、手で触れると絵が描ける演出もある。同市産のタイルを使ったシンボルツリーや、オリジナルデザインのリーフタイルを装飾したテーブルなど、先進アートと地元の焼き物文化を融合させた。

 内覧会では、実際の料理や演出が報道関係者向けに公開された。

 営業時間は午前11時〜午後5時、午後5時30分〜同10時。ラストオーダーはいずれも30分前まで。