無免許、ひき逃げ疑い 岐阜大教授を逮捕 − 岐阜新聞 Web
無免許、ひき逃げ疑い 岐阜大教授を逮捕
2017年10月11日13:33

 加茂署は11日、自動車運転処罰法違反(無免許過失致傷)と道交法違反(ひき逃げ)の疑いで、山県市西深瀬、岐阜大教育学部教授辻泰秀容疑者(59)を逮捕した。

 逮捕容疑は、今月4日午後2時35分ごろ、無免許で乗用車を運転し、加茂郡七宗町神渕の県道を走行中、道路脇に止まった町内のパート従業員の女性(66)の軽乗用車に追突し、そのまま逃走した疑い。女性は頸椎(けいつい)捻挫などの重傷を負った。

 署によると、女性や事故を目撃した人がナンバーの一部を覚えており、逃げた車を割り出した。辻容疑者は「身に覚えがありません」と容疑を否認し、名前も名乗っていないという。

 運転免許は2011年に失効していた。

 岐阜大によると、辻容疑者は美術教育学が専門。免許失効後も車で通勤していたとみられる。森脇久隆学長は「誠に遺憾。捜査状況を見ながら厳正に対処したい」とコメントした。