ピンクのクビキリギス発見 岐阜市の田んぼ − 岐阜新聞 Web
ピンクのクビキリギス発見 岐阜市の田んぼ
2017年10月17日08:31
写真:ピンクのクビキリギス発見 岐阜市の田んぼ
岐阜市内の田んぼで見つかった、ピンク色のクビキリギス(河崎厚子さん提供)

 岐阜市中鶉の田んぼで、ピンク色のバッタのような昆虫が見つかった。クビキリギスというキリギリス科の一種で、雄の成虫。専門家は「ピンク色の個体がいることは知られているが、成虫で鮮やかな色が残っているのは珍しい」と話している。

 発見したのは、喫茶店経営河崎厚子さん(45)=同市中鶉=。コンバインで稲刈り作業中、鮮やかなピンクが目に入ったという。「子どものころから農作業をしてきたが、ピンク色の“バッタ”を見たのは初めて」と驚いている。

 名和昆虫博物館(同市大宮町)の名和哲夫館長(62)によると、クビキリギスは緑色と褐色が一般的で、まれにピンク色が出るという。ショウリョウバッタなども同様といい、「10月は成虫が現れる時季なので、よく探せば身の回りで見つかるかもしれない」と話す。