レオナルド×ミケランジェロ展、新イベント発表 − 岐阜新聞 Web
レオナルド×ミケランジェロ展、新イベント発表
2017年10月21日08:51
写真:レオナルド×ミケランジェロ展、新イベント発表
23日から始まるナイトツアーで解説を担当する三山らさ学芸員とオリジナルグッズ=岐阜市大宮町、市歴史博物館

 岐阜市大宮町の市歴史博物館で開催中の特別展「レオナルド×ミケランジェロ展」(岐阜市、岐阜新聞社、岐阜放送などでつくる実行委員会主催)の実行委員会は20日、ナイトツアーなど新たな関連イベントを発表した。

 レオナルド・ダビンチとミケランジェロというイタリア・ルネサンスの二大巨匠を、直筆の素描や手稿、彫刻、関連する油彩画を通して対比する展覧会。

 「ナイトツアー」は23日から11月22日までの平日、各日午後6時から30分程度開催(祝日は除く)。日中の混雑を避け企画した。担当学芸員が、展示室内で歴史的背景や技術面などについて話す。

 参加者にはオリジナル展覧会グッズをプレゼントする(数に限りあり)。毎日午後7時まで開館しているため、夜はスポットライトに浮かび上がる神々しい「十字架を持つキリスト像」を鑑賞できるのも楽しみの一つ。

 「ギャラリートーク」は11月1、8、15、22日の各日午後4時から、加藤栄三・東一記念美術館学芸員の山本真一さんが、両巨匠のデッサンを読み解く。院展特待の日本画家でもあるだけに、画家の視点も交えた解説が聞ける。

 対決投票「天才はどちらだ?」は、2人のいずれか「いいね!」と思う方に投票をしてもらう企画。11月1〜19日に受け付け、20日に開票。投票者の中から抽選で50人にオリジナルしおりセットを贈る。

 いずれも特別展観覧者は自由に参加できる。問い合わせは同博物館、電話058(265)0010。