特産品販売、岐阜の魅力PR 大阪で「ふるさと祭り」 − 岐阜新聞 Web
特産品販売、岐阜の魅力PR 大阪で「ふるさと祭り」
2017年10月23日04:02
写真:特産品販売、岐阜の魅力PR 大阪で「ふるさと祭り」
岐阜県各地のご当地キャラクターとふれあう来場者たち=大阪府箕面市彩都粟生南、彩都やまもり

 「岐阜ふるさと祭り」が21、22日、大阪府箕面市彩都粟生南の地域交流施設「彩都やまもり」で開かれた。あいにくの雨だったが、2日間で約1500人が訪れ、県産のグルメや自治体のPRブースを通して岐阜県の魅力に触れた。

 同施設に拠点を置く関西岐阜県人連合会(土屋嶢会長)が主催し、今回で3回目。グルメ屋台には鶏ちゃん、鮎の塩焼きなどが並んだほか、県と同連合会による移住相談窓口も設けられた。県内11市町はブースを出店し、自治体ごとに特産品の販売やチラシを配布して地域をアピールした。

 会場には清流の国ぎふマスコットキャラクターのミナモをはじめ、県内各地のご当地キャラクター8体も登場。家族連れと触れ合ったほか、ステージショーでダンスや郡上おどりを披露し、盛り上げた。