女児の裸盗撮で県職員懲戒処分 − 岐阜新聞 Web
女児の裸盗撮で県職員懲戒処分
2017年11月11日08:25

 岐阜県は10日、入浴施設の男性脱衣所で女児の裸をスマートフォンで盗撮したとして、児童買春・ポルノ禁止法違反(製造)の疑いで、山口県警柳井署に現行犯逮捕された県食肉衛生検査所の男性職員(38)を同日付で停職3カ月の懲戒処分とした、と発表した。

 県によると、男性職員は8月16日、夏季休暇中に訪れた山口県周防大島町の温泉施設の男性脱衣所で、父親と一緒に施設を利用していた女児(4)の裸を撮影したとして、現行犯逮捕された。9月6日に岩国簡裁から罰金50万円の略式命令を受けた。男性職員は検査所の主任技師で、同月21日から職場に復帰している。