民進県連代表に渡辺県議 − 岐阜新聞 Web
民進県連代表に渡辺県議
2017年11月19日08:30
写真:民進県連代表に渡辺県議
渡辺嘉山氏

 民進党岐阜県連は18日、拡大幹事会を開き、10月の衆院選の際に代表を辞任した今井雅人衆院議員(55)=比例東海=の後任に、県議の渡辺嘉山代表代行(60)を選出した。

 民進と希望の党との合流に伴って、今井氏が希望の公認を受けて衆院選に出馬し代表を退いたため、暫定的に渡辺氏が代表代行に就いていた。今回、民進の県選出国会議員がいないため、県議が代表を務めることとなった。県連は再来年春の統一地方選に向けた地方組織の構築を急ぐ。

 渡辺氏は「(県議が代表を務めるのは)異例のことだが、やむを得ない。有権者に信頼される政党づくりに向けて地方議員それぞれが動き、仲間を増やしていく」と述べた。