空の妙技曇天に彩り 岐阜基地航空祭 − 岐阜新聞 Web
空の妙技曇天に彩り 岐阜基地航空祭
2017年11月20日08:38
写真:空の妙技曇天に彩り 岐阜基地航空祭
4年ぶりに航空祭に登場し、編隊飛行をみせるブルーインパルス=19日午前11時50分、各務原市、航空自衛隊岐阜基地

◆エアレース年間総合V 室屋さんも飛行

 岐阜県各務原市の航空自衛隊岐阜基地で19日、航空祭2017が開かれ、ブルーインパルスの編隊飛行や、エアレースで年間総合優勝を飾った室屋義秀さんの華麗なアクロバット飛行が観衆を魅了した。

 各務原飛行場の開設100周年を記念した航空ショーには約13万人が来場。4年ぶりに登場のブルーインパルスは、雨まじりの天気となり、アクロバット飛行は行わなかったが、6機が一糸乱れぬ編隊飛行を披露した。

写真:空の妙技曇天に彩り 岐阜基地航空祭
「エクストラ300」で曲技飛行に向かう室屋義秀さん=19日午後0時49分、各務原市、航空自衛隊岐阜基地

 続いて、小型プロペラ機「エクストラ300」に搭乗した室屋さんが背面飛行からの宙返りや、機体を回転させながら急降下するなど空の妙技を次々と披露、観衆をくぎ付けにした。

 飛行前に会見した室屋さんは、「国内最古という歴史ある飛行場で飛べてうれしい。プロペラ機ならではの迫力のアクロバットを見てほしい」と意気込んでいた。

 国産ステルス機X−2の地上展示も行われ、来場者の列ができていた。