ごみ袋から散弾銃の弾 岐阜市の処理施設 − 岐阜新聞 Web
ごみ袋から散弾銃の弾 岐阜市の処理施設
2017年11月30日08:14

 岐阜市は29日、東部クリーンセンター(同市芥見)内の粗大ごみ処理施設で、ごみ袋から使用前の散弾銃の弾9発が見つかった、と発表した。岐阜中署が所有者の特定を進めている。

 市によると、同日午後3時40分ごろ、男性作業員が粗大ごみを選別中、市指定の45リットル入りごみ袋の中から不審な箱を二つ発見。散弾銃の弾が入っていたという。市職員とともに確認したところ、1箱に5発、もう1箱には4発が入っていた。

 市は近くの交番に通報、同署が施設内を調べた。