JR東海道線で電車立ち往生 豊橋―岐阜間で運転見合わせ − 岐阜新聞 Web
JR東海道線で電車立ち往生 豊橋―岐阜間で運転見合わせ
2017年12月12日12:43
写真:JR東海道線で電車立ち往生 豊橋―岐阜間で運転見合わせ
駅員に振替乗車票を見せ、改札を通る利用客=12日午後0時51分、岐阜市神田町、名鉄岐阜駅

 12日午前8時ごろ、愛知県清須市のJR東海道線枇杷島駅近くで、岐阜発名古屋行き快速電車の運転士が異常音に気付き、JR東海は豊橋(愛知県豊橋市)―岐阜の上下線で運転を見合わせた。この電車を含む4本が駅間で立ち往生し、乗客計約3400人が線路上を歩いて近くの駅まで移動した。

 JR東海によると、運転見合わせ後に点検したところ、異常音があった電車とは別の立ち往生した電車でパンタグラフが破損していた。けが人は確認していないが体調不良を訴えた乗客がいるという。同社は同日午後2時ごろの運転再開を見込んでいる。

 運転見合わせに伴い、名鉄名古屋本線名鉄岐阜―豊橋間など名鉄線への振り替え輸送が実施された。岐阜市橋本町のJR岐阜駅では名古屋方面に向かう利用客に振替乗車票が手渡された。受け取った利用客は名鉄岐阜駅に向かい、駅員に同乗車票に見せると、足早に改札を通っていた。通勤ラッシュ後の昼すぎも同乗車票を手にした大勢の利用客の姿が見られた。