JR東海道線電車立ち往生 運転再開に9時間半 − 岐阜新聞 Web
JR東海道線電車立ち往生 運転再開に9時間半
2017年12月13日08:21
写真:JR東海道線電車立ち往生 運転再開に9時間半
JR東海道線が運転見合わせとなり、振り替え輸送の名鉄線に乗るため改札を通る利用客ら=12日午後0時55分、岐阜市神田町、名鉄岐阜駅

 12日午前8時ごろ、愛知県清須市のJR東海道線枇杷島駅近くで岐阜発名古屋行き快速電車の運転士が異常音に気付きJR東海は一部区間で同日午後5時半ごろまで運転を見合わせた。この電車を含む4本が駅間で立ち往生した。うち1本と運転を見合わせて駅に停車していた3本でパンタグラフの損傷が見つかった。

◆振り替え輸送で名鉄岐阜駅混雑

 JR東海道線の9時間半にわたる運転見合わせに伴い、振り替え輸送が行われた岐阜市神田町の名鉄岐阜駅は12日、利用客で一時大混雑となった。通勤ラッシュ時には構内に人垣ができ、駅員が対応に追われた。

 同市橋本町のJR岐阜駅で振替乗車票を手渡された人たちが、名鉄岐阜駅に向かう長い列をつくった。名古屋市の学習塾に通う男子高校生(18)は「授業に間に合えばいいけど」と急いだ様子で、岐阜市で友人と食事を終え帰宅途中の愛知県一宮市の女性(80)は「歩くのが大変」と疲れた顔で話した。

 愛知県蒲郡市へ旅行に出掛けようとしていた岐阜市の80代夫婦は「テレビで午後2時ごろには復旧すると流れていたので、来てみたが…。どうやって行こうか」と悩んでいた。