金の御朱印SNSで話題 金神社に2時間待ちの列 − 岐阜新聞 Web
金の御朱印SNSで話題 金神社に2時間待ちの列
2017年12月17日08:50
写真:金の御朱印SNSで話題 金神社に2時間待ちの列
11月の「金の御朱印デー」でできた長蛇の列。2〜3時間待ちはざらだったという

 商売繁盛や金運招福で知られる岐阜市金町の金(こがね)神社で、毎月最終金曜日のみ参拝者に授ける「金の御朱印」が爆発的な人気となっている。11月は、最低でも2時間待ちとなる2500人もの参拝者が殺到した。

 御朱印は、参拝した証として手帳のような「御朱印帳」に神社側が記す墨書きの文字や印。近年は、御利益があるとして御朱印集めを楽しむ女性「御朱印ガール」などが注目を集めている。

写真:金の御朱印SNSで話題 金神社に2時間待ちの列
金色に輝く御朱印。この日は巫女(みこ)も大忙しだった

 金神社の金の御朱印は、5月末の金曜日から実施。神社名などを金色の絵の具で書くユニークさが会員制交流サイト(SNS)で話題となり、テレビなどメディアが取り上げて人気に火が付いた。

写真:金の御朱印SNSで話題 金神社に2時間待ちの列
神職が総出でひたすら御朱印を書く。「けんしょう炎になりそう」との苦笑も聞かれた=いずれも岐阜市金町、金神社

 本郷啓介宮司(67)は「ここまで大きなブームになったのは予想外だが、若い人の参拝が増えて喜ばしい」と笑顔。「年末も多くの人に岐阜に来ていただき、地域の活性化につながればありがたい」と話した。今年最後の「金の御朱印デー」は29日午前9時からを予定している。