「岐阜大仏」宛ての年賀状募集 − 岐阜新聞 Web
「岐阜大仏」宛ての年賀状募集
2017年12月20日08:04

 岐阜市の岐阜城下町の活性化に取り組む住民らの団体「井の口まちづくり会」は、正法寺(同市大仏町)の「岐阜大仏」宛ての年賀状を募っている。年賀状は展示後、仏像の胎内に収蔵する。来年1月4日まで。

 日本最大の乾漆仏として知られる岐阜大仏に親しみを感じてもらおうと、「大仏様への年賀状」と銘打ち、旧年の感謝や新年の抱負をしたためた年賀状を毎年募集している。

 イラストや版画、写真を取り入れるなど独創的な作品の応募を呼び掛けている。題材、内容とも不問。投函(とうかん)された年賀状は来年1月5〜7日に画廊「光芳堂」(同市梶川町)で展示する。投函者には、展示会場で拝観券が贈られる。

 年賀状は〒500−8018、岐阜市大仏町8、「岐阜大仏様」宛てに送る。同寺、みんなの森ぎふメディアコスモス(同市司町)、柳ケ瀬あい愛ステーション(同市柳ケ瀬通)に設置した投函箱でも受け付ける。