冬休みが来た 県内公立小中学校で終業式 − 岐阜新聞 Web
冬休みが来た 県内公立小中学校で終業式
2017年12月27日08:24
写真:冬休みが来た 県内公立小中学校で終業式
笑顔で通知表を受け取る児童=岐阜市加納西丸町、加納小学校

 岐阜県内の公立小中学校で26日、終業式や今年最後の授業があり、児童生徒は心待ちにしていた冬休みを迎えた。

 終業式は3期制の小中学校422校、2期制の今年最後の授業は124校であった。岐阜市加納西丸町の加納小学校では全校児童約310人が終業式に臨み、森透校長(59)が「大掃除など家のお手伝いをして、楽しくお正月を過ごしてください」とあいさつした。

 その後の学級活動で、児童は担任から通知表を受け取り、笑顔を見せた。1年の大塚夏葵さん(7)は「2学期は漢字をたくさん練習したよ。冬休みも宿題を頑張りたいです」とはにかんだ。担任の大西昭裕教諭(34)は「成長のスピードに驚かされる。3学期も楽しみ」と話した。

 3学期の始業式や2学期の授業再開日は、多くの小中学校が来年1月9日。高山市と飛騨市は11日に予定されている。