ナンバーワンの1年に 伊奈波神社 初詣 − 岐阜新聞 Web
ナンバーワンの1年に 伊奈波神社 初詣
2018年01月01日01:47
写真:ナンバーワンの1年に 伊奈波神社 初詣
新年を知らせる太鼓の合図とともに手を合わせる年越し参りの参拝者=1日午前0時1分、岐阜市伊奈波通、伊奈波神社

 岐阜県内の神社仏閣は31日夜の大みそかから元旦にかけて、年越し参りの参拝者でにぎわった。

 岐阜市伊奈波通の伊奈波神社では、1日午前0時、拝殿で東道人宮司が太鼓を打ち鳴らして新年の始まりを告げた。列をなした参拝者らは「明けましておめでとう」とあいさつを交わし、家内安全や学業成就を願って手を合わせた。

 同市池田町の工場経営、松井清吾さん(86)は「昨年はあまり商売がよくなかった。繁盛と健康をお祈りしました」と話した。

 同神社は正月三が日で、昨年並みの79万人の人出を見込んでいる。