成人式記念品の賞味期限に表示ミス 七宗町 − 岐阜新聞 Web
成人式記念品の賞味期限に表示ミス 七宗町
2018年01月10日08:32

 岐阜県加茂郡七宗町は9日、6日に町内で開いた成人式で、新成人ら39人に贈った記念品のあめに賞味期限の表示ミスがあったと発表した。式を主管した同町教育委員会は品質に問題はなく、健康被害は報告されていないとしている。

 町教委によると、町特産のジャムやせんべいなど5点を箱詰めし、新成人35人と恩師4人に配布。そのうちのあめは、賞味期限が「平成30年3月20日」だったが、町内の販売業者が誤って年を「平成29年」と表示したシールを貼っていたという。

 複数の保護者らが気付いた。9日に指摘を受けた町教委は新成人らの家庭に謝罪し、後日、正しい表示のあめを届ける。記念品に食品を使ったのは初めてといい、町教委は「記念日に申し訳ないことをした。記念品の内容を検討したい」としている。