「雪の回廊」大迫力 新穂高ロープウェイ − 岐阜新聞 Web
「雪の回廊」大迫力 新穂高ロープウェイ
2018年01月17日08:49
写真:「雪の回廊」大迫力 新穂高ロープウェイ
雪の回廊を楽しむ観光客=高山市奥飛騨温泉郷、新穂高ロープウェイ西穂高口駅

 岐阜県高山市奥飛騨温泉郷の新穂高ロープウェイ西穂高口駅(標高2156メートル)の千石園地に、雪の壁に囲まれた道「雪の回廊」がお目見えした。

 回廊は延長約240メートル。幅約1・5メートルの通路を除雪しながら壁を積み上げる。ピーク時の高さは約3メートルに達するという。今のところ、壁の高さは1・5メートル〜2メートルほど。観光客は、壁の前で記念写真を撮るなどして白銀の世界に浸っていた。

 同ロープウェイの宮田修さん(33)は「壁はこれからさらに高くなり、迫力を増す。都会ではできない体験を楽しんでもらえれば」と話した。