車にはねられ女性死亡 岐阜大教授を逮捕 − 岐阜新聞 Web
車にはねられ女性死亡 岐阜大教授を逮捕
2018年02月03日08:16

 2日午前6時25分ごろ、岐阜市加納桜道の国道157号交差点で、横断歩道を歩いて渡っていた同市加納大手町、無職赤尾寿美子さん(81)が乗用車にはねられた。赤尾さんは市内の病院に搬送されたが、頭などを強く打って、間もなく死亡した。

 岐阜南署は、自動車運転処罰法違反(過失傷害)の疑いで、車を運転していた同市加納城南通、岐阜大工学部教授吉田弘樹容疑者(56)を現行犯逮捕した。容疑を同法違反(過失致死)に切り替えて調べている。

 署によると、現場は片側2車線で信号機のある見通しのいい交差点。赤尾さんが横断歩道を渡っていた際、右からきた吉田容疑者の車にはねられた。

 吉田容疑者は出勤途中、赤尾さんは散歩中だった。署で事故原因を調べている。

 岐阜大の森脇久隆学長は「誠に遺憾。詳細は確認中だが、適切に対処するとともに、全職員に注意喚起したい」とのコメントを出した。