スノボHP平岡選手 懸垂幕で応援 郡上市 − 岐阜新聞 Web
スノボHP平岡選手 懸垂幕で応援 郡上市
2018年02月10日09:12
写真:スノボHP平岡選手 懸垂幕で応援 郡上市
平岡卓選手を応援する懸垂幕=郡上市八幡町、市総合文化センター

 9日開幕した平昌冬季五輪でスノーボード男子ハーフパイプ競技に出場する郡上市ゆかりの平岡卓選手を応援しようと、岐阜県郡上市八幡町の市総合文化センターに懸垂幕が掲げられ、応援ムードを盛り上げている。同市は同競技の予選と決勝が行われる13、14日に同センターでパブリックビューイングを企画。参加を呼び掛けている。

 平岡選手は出身は奈良県だが、小学生の頃から同市高鷲町の高鷲スノーパークのハーフパイプに通い、練習してきた。今も毎年大会が落ち着く3月頃は同スキー場に練習に訪れている。2015年からは同市のスポーツアンバサダーに就任。翌年には、同市で後援会が発足した。

 パブリックビューイングは同センター2階多目的ホールで行われ、予選の13日は午後1時から(開場正午)、決勝の14日は午前10時30分から(同午前9時30分)で、定員は200人。会場では応援用のスティックバルーンが手渡される。