各務原、初の16強 全国高校サッカー − 岐阜新聞 Web

スキップリンク

各務原、初の16強 全国高校サッカー
2016年01月03日10:38
写真:各務原、初の16強 全国高校サッカー
各務原×香芝=後半14分、左サイドから走り込み、ダイレクトボレーシュートを決める各務原の後藤創(左)=浦和駒場

 サッカーの第94回全国高校選手権第3日は2日、さいたま市の浦和駒場スタジアムなどで2回戦16試合を行った。県代表の各務原は、3年ぶり3度目出場の香芝(奈良)に1−0で勝利し、同校最高成績となる3回戦進出を決めた。県勢のベスト16入りは第88回大会の岐阜工以来6大会ぶり。

 このほか、星稜(石川)や東福岡、市船橋(千葉)桐光学園(神奈川)前橋育英(群馬)中京大中京(愛知)青森山田、富山第一などが3回戦に進んだ。

 2連覇を狙う星稜は玉野光南(岡山)に2−1で逆転勝ちし、全国高校総体との2冠を目指す東福岡は新潟明訓に3−1で勝利。市船橋は米子北(鳥取)を、桐光学園は長崎南山をそれぞれ3−0で下した。前回準優勝の前橋育英は大津(熊本)に3−2で競り勝ち、帝京三(山梨)は山口鴻城に8−0で大勝した。中京大中京は3―0で札幌大谷(北海道)に快勝した。

 3回戦は3日に実施され、各務原は同スタジアムで2年連続6度目出場の明徳義塾(高知)と戦う。