小瀬(岐阜第一)自信の頂点 県高校総体スキー男子大回転 − 岐阜新聞 Web

スキップリンク

小瀬(岐阜第一)自信の頂点 県高校総体スキー男子大回転
2016年01月15日11:50

 スキーの第63回県高校総体冬季大会兼第65回全国高校大会県選考会第2日は14日、高山市のほおのき平スキー場などで大回転と、距離クラシカルを行った。

 雪不足の影響で、コース距離が例年の約半分の長さで実施した大回転は、男子は小瀬大和(岐阜第一)が2本合計1分1秒43で優勝。女子は今村優希(飛騨高山)が1分4秒06で制した。男子4位、女子3位までが全国高校大会(2月4〜8日・青森県)の出場権を得た。

 6人がエントリーした男子距離10キロクラシカルは中切虎太郎(高山工)が30分37秒7で優勝。女子5キロクラシカルは2人で争い、橋本ゆず菜(飛騨高山)が19分33秒3で1位になった。完走した男子5人、女子2人が全国大会切符を手にした。

 最終日は15日、同スキー場などでアルペンの男女回転と、ノルディックの男女フリーを行う。