今村(飛騨高山)大差で2冠 県高校総体スキー − 岐阜新聞 Web

スキップリンク

今村(飛騨高山)大差で2冠 県高校総体スキー
2016年01月16日10:30
写真:今村(飛騨高山)大差で2冠 県高校総体スキー
女子回転で優勝し、前日の大回転と合わせて2種目制覇した今村優希=ほおのき平

 スキーの第63回県高校総体冬季大会兼第65回全国高校大会県選考会最終日は15日、高山市のほおのき平スキー場などで回転と距離フリーを行った。

 男子回転は山越貴文(岐阜第一)が2本合計1分28秒29で制し、同種目3年連続の優勝を果たした。女子は今村優希(飛騨高山)が1分36秒47で、前日の大回転と合わせて2冠を達成した。男子6位、女子4位までが全国高校大会(2月4〜8日・青森県)の出場権を得た。

 6人がエントリーした距離フリーの男子10キロは中切虎太郎(高山工)が28分18秒0、2人で争った女子5キロは橋本ゆず菜(飛騨高山)が17分54秒7でそれぞれ1位になり、中切、橋本ともに前日のクラシカルと合わせて2種目で優勝した。完走した男子5人、女子2人は全国切符を獲得した。