FC岐阜、あすホームで北九州戦 ロングボールに活路 − 岐阜新聞 Web

スキップリンク

FC岐阜、あすホームで北九州戦 ロングボールに活路
2016年03月12日10:09
写真:FC岐阜、あすホームで北九州戦 ロングボールに活路
実戦形式の練習で、戦術を確認するMF水野(左から2人目)ら=岐阜市北西部運動公園

 J2のFC岐阜は第3節の13日、岐阜市の長良川競技場で、午後2時から12位北九州と戦う。これまでの2試合をいずれも0−4で敗れ、最下位の岐阜。是が非でも勝利し、地元で勝ち点3をつかみ取りたい。

 なかなかシュートシーンまで持ち込めない試合が続いた岐阜は、今週の練習でロングボールを使った攻めを実践。FW滝谷の頭めがけてボールを蹴り、高い位置で奪ったこぼれ球を攻撃につなげる戦術に取り組んだ。パスの本数が少ない分、ミスの減少が期待されるが、周りのサポート意識の高さが試合で問われそうだ。

 守備はDFとMF間のスペースを埋めることが、相手攻撃陣を自由にさせない方法の一つだ。守備的な位置取りに定評のあるMF秋葉やMF田森にその役割を期待したい。

 ラモス監督が「守備が堅くてバランスが良いチーム」と話す昨季7位の北九州は今季、元日本代表MFの本山を獲得。一人で局面を打開できる選手が加入し、さらに手ごわくなった印象だ。ラモス監督は「強いチームを破って波に乗るのがベスト。勝ちにいきたい」と意気込みを話す。