FC岐阜4連勝 09年以来、チーム最多タイ 徳島を3−1 − 岐阜新聞 Web

スキップリンク

FC岐阜4連勝 09年以来、チーム最多タイ 徳島を3−1
2016年04月04日09:10
写真:FC岐阜4連勝 09年以来、チーム最多タイ 徳島を3−1
徳島×岐阜=前半43分、逆転ゴールを決め、自身Jリーグ初得点を喜ぶ岐阜のFW鈴木ブ(左から2人目)=鳴門・大塚スポーツパークポカリスエットスタジアム

 明治安田J2の第6節は3日、11試合を行った。FC岐阜はアウェーの鳴門・大塚スポーツパークポカリスエットスタジアム(徳島県鳴門市)で徳島と対戦。3−1で逆転勝ちし、4連勝。通算戦績は4勝2敗で勝ち点12、5位に浮上した。

 前半28分に左CKから先制を許した岐阜は同34分、MF風間がゴール中央から蹴ったフリーキックをDF苅部が頭で合わせて同点。9分後には、左サイドをパスで崩し、最後はゴール前でFW鈴木ブが右足でゴール上を捉えて逆転に成功した。

 相手選手が14分に退場した後半は、28分に中央を抜け出したMF風間が左足で冷静に流し込み加点。その後は何度かピンチになったが、2点差を守り切った。

 その他は、C大阪が千葉を2−1で下し、勝ち点を16として首位に浮上。町田は札幌に2−0で勝ち、2位に上がった。

 第7節の岐阜は9日、アウェーのPikaraスタジアム(香川県丸亀市)で8位讃岐と戦う。