鵜飼元一が男子連覇 全日本テニス県予選 − 岐阜新聞 Web

スキップリンク

鵜飼元一が男子連覇 全日本テニス県予選
2016年04月08日09:54

 テニスの全日本選手権県予選(岐阜新聞・ぎふチャン後援)は7日、長良川テニスプラザで男女シングルスを行い、男子は鵜飼元一(ブルーリバー)が2連覇、女子は伊達摩紘(HIDETA)が初優勝を飾った。

 大会には県内のポイント上位男子14人、女子5人が出場。トーナメントで覇を競った。鵜飼元は決勝で伊達祐太朗(同大、蘇南中出)と対戦。パワフルなストロークとサーブを決め、8−1で勝った。4試合で失ったゲームはわずか5という圧勝ぶりに「強化しているサーブの調子が特に良かった」と振り返った。

 伊達摩は、決勝で2連覇を狙う第1シードの鵜飼美希(東海学園大、恵那農高出)と激突。粘り強いプレーで相手のミスを引き出すとともに、要所では得意のバックハンドのストレートがさえ、8−5で制した。「美希選手には前回の対戦で負けていたので、リベンジできてうれしい」と笑みを浮かべた。

 優勝した2人は、東日本予選(9月・岩手県)に出場する。