いざ5連勝 FC岐阜、あすアウェー讃岐戦 − 岐阜新聞 Web

スキップリンク

いざ5連勝 FC岐阜、あすアウェー讃岐戦
2016年04月08日09:55

 J2のFC岐阜は第7節の9日、香川県丸亀市のPikaraスタジアムで、午後1時から8位讃岐と戦う。7年ぶりの4連勝と波に乗り、次戦はクラブ初のリーグ5連勝がかかる注目の一戦。勝ち点3を取って上位進出を図るとともに、新たな歴史をつくりたい。

 カウンターの意識が強い讃岐の守備は、単調な攻撃では崩しきれないことが想定される。岐阜には、前節・徳島戦の2点目で見せた、パスワークでゴール前を崩す攻めが求められる。全員で得点までのイメージを共有することは言うまでもないが、FW鈴木ブが「少ないチャンスを取りこぼさないようにしないと」と話すように、ゴール前での決定力も大事になってくる。

 守備は、試合を重ねるにつれて相手シュート数を減らすことができている。前節で出た課題は、先制点を奪われたセットプレー時のマークのずれ。MF苅部も「(セットプレーの)守備を見つめ直さないといけない」と反省するが、うまく改善できれば失点のリスクを大幅に減らせるはずだ。