中部院大が先勝 東海大学野球春季岐阜リーグ − 岐阜新聞 Web

スキップリンク

中部院大が先勝 東海大学野球春季岐阜リーグ
2016年04月10日09:30
写真:中部院大が先勝 東海大学野球春季岐阜リーグ
中京院大×中部院大=1失点完投で開幕ゲームを飾った中部院大のエース床田=長良川

 大学野球の東海地区春季岐阜学生リーグ(岐阜新聞・ぎふチャン後援)第2週第1日は9日、長良川球場で1回戦3試合を行い、中部院大が中京院大に6−1で快勝、岐聖大は8−2で昨秋の県覇者岐経大を撃破。朝日大は岐阜大を7−0で圧倒し、白星スタートを切った。

 岐聖大は2−2で迎えた八回表1死二、三塁で関谷政人(岐阜農林高出)の2点適時打で勝ち越すと敵失と犠飛で加点。九回にも連打で2点を加えた。三品翔(岐阜総合高出)、滝瀬功大(岐阜聖徳高出)の継投で岐経大の反撃をかわした。

 中部院大は一回、大杉諒暢の三塁打を足場に内野ゴロの間に先制。三回にも1点を加えると五回には5長短打を集め、好左腕柳川優太(大垣日大高出)を打ち崩した。エース床田寛樹は被安打6、1失点で完投。中京院大の吉川尚輝(中京高出)は3安打を放ち、リーグ通算100安打を達成した。

 朝日大は二回、津坂純の2点適時打で2点を先取。三、四回にも連打でたたみかけて果敢な足攻も随所で発揮し、加点、七回コールド勝ちした。先発須藤有哉は5回被安打2で失点0。継投の越川浩嗣(岐阜第一高出)らも無失点でつないだ。

 第2週第2日は10日午前9時から、同球場で中部院大−中京院大、岐阜大−朝日大、岐聖大−岐経大の2回戦3試合を行う。