大垣ミナモ開幕白星 ソフト女子日本L2部 − 岐阜新聞 Web

スキップリンク

大垣ミナモ開幕白星 ソフト女子日本L2部
2016年04月24日10:05

 ソフトボール女子の日本リーグ2部は23日、静岡県小笠山総合運動公園エコパグラウンドで開幕した。アドバンス、ホープの両セクション計7試合が行われ、ホープの大垣ミナモSCはDream(愛知)に6−2で快勝し、白星発進した。

 大垣ミナモは一回2死から2四死球で一、二塁とすると、新井賢紗の左翼への当たりが敵失を誘い、2点を先取。同点で迎えた五回には1死二、三塁で、柳田優香の適時打で勝ち越し。その後3者連続適時打で、一気に突き放した。先発の山田麻未ら3人の継投リレーが決まった。小林良美監督は「開幕戦に勝利でき、素直に喜びたい。先発山田もまずまずの出来。打線も集中打が出た」と手応えを口にした。

 大垣ミナモの次戦は24日、同グラウンドで静甲(静岡市)と対戦する。