桑田が初優勝 カンガルー杯女子テニス・シングルス − 岐阜新聞 Web

スキップリンク

桑田が初優勝 カンガルー杯女子テニス・シングルス
2016年05月09日10:51
写真:桑田が初優勝 カンガルー杯女子テニス・シングルス
決勝、フォアハンドで鋭いショットを放つ桑田寛子=長良川テニスプラザ

 テニスのカンガルーカップ国際女子オープン2016最終日は8日、長良川テニスプラザでシングルスの決勝を行い、桑田寛子(島津製作所)が、ウォン・キアン(中国)を下して初優勝を果たした。桑田は第1セットを6−2で先取したが、第2セットを2−6で落とし試合は一進一退の展開になった。第3セットも接戦になったが、最後は桑田が6−4で競り勝ち、勝利を収めた。

 サーブとストロークで九つの的を命中させる、観客参加型イベント「9(ナイン)ターゲットチャレンジ」(岐阜新聞・ぎふチャン後援)も行われ、幅広い世代の愛好家がテニスの魅力の一端に触れた。