FC岐阜4戦ぶり白星 岡山の猛攻振り切る − 岐阜新聞 Web

スキップリンク

FC岐阜4戦ぶり白星 岡山の猛攻振り切る
2016年05月16日09:12
写真:FC岐阜4戦ぶり白星 岡山の猛攻振り切る
岡山×岐阜=後半6分、PKを決めたFWエバンドロ(9)に駆け寄る岐阜の選手=シティライトスタジアム

 明治安田J2の第13節は15日、11試合を行った。FC岐阜はアウェーのシティライトスタジアム(岡山市)で岡山に1−0で競り勝ち、4試合ぶりに勝ち点3を挙げた。通算戦績は6勝2分け5敗で勝ち点を20に上積みし、順位は8位に浮上した。

 岐阜は、両サイドバックの裏を狙う岡山に押され続けたが、前半は相手のシュートがオフサイドになるなど無失点で切り抜けた。得点は後半6分、右サイドのMF田中達が相手守備ラインを抜け出し、GKに倒されてPKを獲得。これをFWエバンドロが冷静に沈めて先制した。その後も防戦気味の展開が続いたが守り抜き、ゴールネットを揺らさせることなく試合を終えた。

 このほか、札幌が水戸を1−0で下し、勝ち点26で首位に立った。町田は北九州に0−1で屈して2位転落。地震の影響で4月9日以来の試合だった熊本は千葉に0−2で敗れた。

 第14節の岐阜は22日、アウェーのフクダ電子アリーナ(千葉市)で10位千葉と戦う。