「前半無失点」徹底 FC岐阜、あすホーム山形戦 − 岐阜新聞 Web

スキップリンク

「前半無失点」徹底 FC岐阜、あすホーム山形戦
2016年05月27日10:51
写真:「前半無失点」徹底 FC岐阜、あすホーム山形戦
クロスからのシュート練習で、強烈なヘディングを見せるMF風間=岐阜市北西部運動公園

 J2のFC岐阜は第15節の28日、岐阜市の長良川競技場で午後4時から、16位山形と戦う。前節の千葉戦では、開始10分で2失点を喫し、ゲームプランが大きく崩れた。ラモス監督は「日本人は『試合の入り』をよく使うけど、大切なのは集中力と戦う気持ちを90分間持つこと」と選手たちに心構えを話す。

 とはいえ、序盤に失点し、勝利が遠のいてしまった戦いを振り返り「守備的に−という訳ではないが、前半を0点で抑える習慣をつけないといけない」と言及。MF田森が約2カ月ぶりに、けがから復帰したこともあり、山形戦を自分たちの守備を見つめ直す試合にしたい。

 山形はセットプレーとクロスボールから3点ずつ失点しており、岐阜は山形の弱点につけ込んだ攻撃を繰り出したい。千葉戦の後半で見せたような、競り合いに強いFWを前線に置き、ロングパスやこぼれ球を拾ってから両サイドに展開する戦術も、有効な手段の一つになるだろう。