FC岐阜不覚 まさかのPK献上、山形に惜敗 − 岐阜新聞 Web

スキップリンク

FC岐阜不覚 まさかのPK献上、山形に惜敗
2016年05月29日08:15
写真:FC岐阜不覚 まさかのPK献上、山形に惜敗
岐阜×山形=前半23分、PKで山形に先制点を許し悔しさをにじませるDF益山(19)ら岐阜の選手=長良川競技場

 明治安田J2の第15節は28日、9試合を行った。FC岐阜はホームの長良川競技場で、山形に0−1で敗れて2連敗となった。通算戦績は6勝2分け7敗で勝ち点は20のままで、順位は10位に後退した。

 岐阜は前半20分すぎに、左サイドに蹴られたロングボールの競り合いで、DF磐瀬がペナルティーエリア内で、相手選手を倒してPKを献上。23分にFWディエゴに決められて先制を許した。後半は、FWレオミネイロら攻撃的な選手を投入して圧力を強めたが、相手の守備ブロックを崩しきることはできず、無得点で敗れた。

 このほか、首位の札幌が山口を3−1で下し、6連勝で勝ち点を32に伸ばした。熊本に2−0で快勝した町田、岡山に2−1で競り勝ったC大阪がともに同28とした。

 第16節の岐阜は6月4日、ホームの同競技場で長崎と戦う。