ジャコッポが優勝 ツアー・オブ・ジャパン美濃S − 岐阜新聞 Web

スキップリンク

ジャコッポが優勝 ツアー・オブ・ジャパン美濃S
2016年06月01日12:07
写真:ジャコッポが優勝 ツアー・オブ・ジャパン美濃S
最後のスプリント勝負を制し、ガッツポーズするアンソニー・ジャコッポ=美濃和紙の里会館前

 自転車の国際ロードレース「第19回ツアー・オブ・ジャパン」第3戦美濃ステージは31日、美濃市内の周回コース(1周21・3キロ、全長139・4キロ)で行われ、アンソニー・ジャコッポ(豪州、アヴァンティ・アイソウェイ・スポーツ)が、開幕の堺ステージに続く今大会2度目のステージ優勝を遂げた。日本勢の最高位は、窪木一茂(NIPPO)の7位だった。

 レースは序盤から山岳賞を獲得したサム・クロームら豪州勢3人が逃げ続ける展開が続いた。ジャコッポは、後続の約70人の大集団の中で体力を温存しながら、最終周に3選手に追い付くと、最後のスプリント勝負で、集団からわずかに抜け出し、真っ先にゴールテープを切った。同ステージの結果、ジャコッポは全ステージのタイムなどで争う個人総合、個人総合ポイント、チーム総合成績でトップに躍り出た。

 大会は5月29日に堺市で開幕。国内8都市を転戦して、5日の東京ステージまでに計747・45キロを走破する。1日には、三重県いなべ市で、第4戦のいなべステージが行われる。