岐阜エコデン連勝逃す ソフト男子東日本L 通算5勝5敗 − 岐阜新聞 Web

スキップリンク

岐阜エコデン連勝逃す ソフト男子東日本L 通算5勝5敗
2016年06月06日10:16
写真:岐阜エコデン連勝逃す ソフト男子東日本L 通算5勝5敗
ホンダエンジニアリング×岐阜エコデンSC=4回裏岐阜エコデンSC2死一、三塁、鈴木が中前適時打を放つ=はしま清流スタジアム

 ソフトボール男子の東日本リーグ第2節岐阜・羽島大会(岐阜新聞・ぎふチャンなど後援)最終日は5日、はしま清流スタジアムなどで8試合を行った。岐阜エコデンSCは大阪グローバルに1―0で競り勝った一方、ホンダエンジニアリングには2―3で逆転負けし、1勝1敗。通算成績は5勝5敗、順位は5位タイに下がった。

 大阪グローバル戦は、一回に2四死球などで2死一、三塁とし、山崎優の内野安打の間に先制。その後ノーヒットに抑えられたが、先発右腕の竹本流星が散発2安打の好投で完封勝ちした。

 ホンダエンジニアリング戦は、一回に藤原雄歩の中前打と四球による無死一、二塁、鈴木周平が左前適時打を放ち先制。四回は2死一、三塁で、再び鈴木が中前適時打を放ち、一時は2−0とリードした。同大会4連投の竹本は、五回まではノーヒットの快投を続けたが、六回に1点、七回に2本の長打を含む4安打で2点を失い、逆転を喫した。

 最終第3節は10月22、23日に埼玉県戸田市の彩湖・道満グリーンパーク野球場で行われる。岐阜エコデンSCは、4位以上が臨む決勝トーナメント進出を目指し、残り4試合を戦う。