FC岐阜、早々失点 C大阪に0−1で敗戦 − 岐阜新聞 Web

スキップリンク

FC岐阜、早々失点 C大阪に0−1で敗戦
2016年06月14日08:10
写真:FC岐阜、早々失点 C大阪に0−1で敗戦
岐阜×C大阪=前半、ゴール前でヘディングシュートを狙う岐阜のFW難波(24)=長良川競技場

 明治安田J2の第18節は12日、10試合を行った。FC岐阜はホームの長良川競技場でC大阪に0−1で敗戦。引き分けを挟んで4連敗となり、通算戦績は6勝3分け9敗、勝ち点は21のままで順位を13位に下げた。

 岐阜は前半5分に右サイドをパス交換で崩され、最後はゴール前に詰めていた相手FWブルーノメネゲウに決められて先制点を献上。MF風間、FWレオミネイロが好機を演出したが、FW難波がゴール前で合わせ切れずに0−1で折り返した。

 後半は滝谷、エバンドロ、田中達のFW3枚を投入し、サイドを起点に攻勢を強めたが、ほとんどの攻撃で決め手を欠いて無得点。課題だった立ち上がりの失点で、またも涙をのんだ。

 その他の試合は、岡山は松本に2−1で勝ち、C大阪とともに勝ち点を34に伸ばした。13日の札幌―長崎では、札幌が2―1で勝って勝ち点を36に伸ばし、首位を守った。

 第19節の岐阜は19日、アウェーのニッパツ三ツ沢球技場(横浜市)で14位横浜FCと戦う。