京都フローラ決勝進出 女子プロ野球L岐阜大会 − 岐阜新聞 Web

スキップリンク

京都フローラ決勝進出 女子プロ野球L岐阜大会
2016年06月19日10:03
写真:京都フローラ決勝進出 女子プロ野球L岐阜大会
京都×レイア=1回表京都2死二塁、4番池山の左前適時打で先制のホームを踏む大沢=長良川

 日本女子プロ野球リーグのティアラカップ岐阜大会2016(岐阜新聞・ぎふチャン後援)は18日、長良川球場で1回戦2試合を行い、大沢靖子(郡上北高出)が所属する京都フローラが第1試合で、育成球団レイアを5―1で下し決勝に進出した。

 京都は一回、先頭の大沢の四球出塁を足場に4番池山あゆ美の左前適時打で先制。三回にも5番中村茜の右越え適時三塁打で加点。終始試合を優位に進めて逃げ切った。先発の小西美加は5回1/3、1失点と好投し勝利投手。大沢は安打は出なかったが2四球を選び、先制ホームを踏むなど勝利に貢献した。

 第2試合の埼玉アストライアと兵庫ディオーネは1―1で引き分け、抽選で埼玉が勝ち上がった。

 19日は同球場で、午前11時から3位決定戦レイア―兵庫、午後1時から決勝京都―埼玉を行う。