サンメッセ6年ぶり頂点 天皇賜杯全日本軟式野球県大会 − 岐阜新聞 Web

スキップリンク

サンメッセ6年ぶり頂点 天皇賜杯全日本軟式野球県大会
2016年06月28日10:20
写真:サンメッセ6年ぶり頂点 天皇賜杯全日本軟式野球県大会
6年ぶりの優勝を果たしたサンメッセ

 軟式野球の天皇賜杯第71回全日本大会ENEOSトーナメント県大会(岐阜新聞・ぎふチャンなど共催)最終日は、大垣市北公園野球場で決勝などを行い、サンメッセ(推薦)が決勝で東海自動車学校(同)を3―1で破り、6年ぶりの優勝を飾り、全国大会(9月16日から、北海道)出場を決めた。

 32チームがトーナメントで覇を競った。決勝でサンメッセは、初回に5番小嶋啄矢の適時打などで2点を先取。六回にも1点を加点し、3投手による継投で相手の攻撃を1点に抑え、全国切符を手にした。