FCKawasaki全国切符 全国社会人サッカー東海予選 − 岐阜新聞 Web

スキップリンク

FCKawasaki全国切符 全国社会人サッカー東海予選
2016年07月05日10:51
写真:FCKawasaki全国切符 全国社会人サッカー東海予選
Aブロックを制し、全国大会出場を決めたFCKawasaki

 サッカーの第52回全国社会人選手権東海予選は、東海4県の各会場で行われ、FCKawasaki(岐阜2位)がAブロックを勝ち抜き、全国大会出場を決めた。

 予選を勝ち抜いた各県の代表計16チームが4ブロックに分かれてトーナメントで競った。FCKawasakiは岳南Fモスペリオ(静岡6位)に2−1で競り勝ち、決定戦で豊田自動織機(愛知4位)を2−1で下した。クラブの高橋誠代表は「全国大会出場は27年ぶりと聞いている。最後まで諦めずに戦ってくれた。全国大会では、まず1勝したい」と意気込みを口にした。全国大会は10月21日に開幕し、松山市などで行われる。

 その他の県勢は、CブロックのFC岐阜セカンド(岐阜1位)は決定戦でFCISE−SHIMA(三重3位)に延長の末、1−2で敗れ、BブロックのN・K可児(岐阜3位)は初戦で鈴鹿アンリミテッドFC(三重1位)に0−10で敗れた。