FC岐阜、先制フイ 長崎に逆転負け、3連敗 − 岐阜新聞 Web

スキップリンク

FC岐阜、先制フイ 長崎に逆転負け、3連敗
2016年07月11日05:34
写真:FC岐阜、先制フイ 長崎に逆転負け、3連敗
長崎×岐阜=後半、ドリブルで右サイドを突破する岐阜のMF田中達=長崎県立総合運動公園陸上競技場

 明治安田J2の第22節は10日、10試合を行った。FC岐阜はアウェーの長崎県立総合運動公園陸上競技場(同県諫早市)で長崎に1−2で逆転負けし、3連敗を喫した。通算戦績は7勝3分け12敗となり、勝ち点24は変わらず、順位を15位に下げた。

 前半の序盤は、相手に攻め込まれる時間帯が続いたが22分にカウンターから、自陣でドリブルを開始したMF田中達がそのまま独走。最後は右足でゴールを射抜き、先制した。しかし、33分に左サイドを崩されてシュートを許し、GK高木がはじいたところを相手FW永井に詰められて同点で前半を終えた。

 後半に入っても流れが変わらず7分、縦パスに反応した永井に再びシュートを許し、勝ち越された。その後はFW滝谷らを投入し、ボール保持率を高めながらロングボールで相手ゴール前まで迫ったものの、守備ブロックをつくる長崎の前に、決定機はつくれなかった。

 その他、松本が4−2で金沢に快勝。4連勝で勝ち点44とし、得失点差でC大阪に代わり2位に浮上した。

 第23節の岐阜は16日、アウェーのケーズデンキスタジアム(水戸市)で16位水戸と対戦する。