大橋ら4強ならず アーチェリー女子個人 全国高校総体 − 岐阜新聞 Web

スキップリンク

大橋ら4強ならず アーチェリー女子個人 全国高校総体
2016年08月10日10:44

 全国高校総体第13日は9日、広島市のコカ・コーラウエスト広島スタジアムなどで4競技を行い、県勢は3競技に出場。アーチェリー女子個人で大橋朋花(聖マリア女)と佐藤百音(同)がベスト8入りした。

 大橋は予選を1位で通過、順調に決勝トーナメントを勝ち上がったが準々決勝で敗退。予選22位で通過した佐藤も準々決勝で敗れた。

 カヌーは八百津勢が500メートルに臨み、男子カヤックフォアとカナディアンフォアでともに準決勝に進んだが敗退。男女シングル3組、ペア1組が10日の準決勝に進んだ。

 バドミントン団体決勝の男子は埼玉栄が連合チームの富岡・ふたば未来学園(福島)を3−1で退け、2年連続11度目の優勝を果たした。女子は富岡・ふたば未来学園が九州国際大付(福岡)を3−1で下し、富岡の単独チームで出場していた2014年以来で3度目の頂点に立った。