FC岐阜、4戦連続引き分け 山形に1−1 − 岐阜新聞 Web

スキップリンク

FC岐阜、4戦連続引き分け 山形に1−1
2016年08月22日09:20
写真:FC岐阜、4戦連続引き分け 山形に1−1
山形×岐阜=前半27分、左CKから先制のヘディングを決める岐阜のFW難波(24)=NDソフトスタジアム山形

 明治安田J2第30節は21日、11試合を行った。FC岐阜はアウェーのNDソフトスタジアム山形(山形県天童市)で山形に1−1で引き分けた。4戦連続ドローで通算戦績は7勝7分け16敗、勝ち点は28となったが、順位は20位のまま。

 前半はクロスの精度を欠くなど、互いに有効な攻撃が繰り出せなかった。次第に敵陣でボールを動かす時間が増えた岐阜は、27分に左CKを10試合ぶり出場のFW難波が頭で合わせ、昨年7月以来のゴールで先制に成功した。

 しかし、後半は時間がたつにつれて相手に押し込まれる状態になり、19分に左サイドからのCKを決められて同点。以降は防戦一方となったが失点を防ぎ、勝ち点1を手にした。

 その他は、首位札幌は京都と0−0で引き分け、勝ち点を63とした。2位の松本も山口と0−0で同57。C大阪が金沢を3−1で下し、同54として千葉に0―2で敗れた岡山を抜いて3位に浮上した。清水は横浜FCを2―0で下し、同51として、京都を抜いて5位に浮上。北九州が熊本に6―1で勝ち、同27として最下位を脱出した。金沢が最下位に沈んだ。

 第31節の岐阜は9月11日、ホームの長良川競技場で9位千葉と戦う。