春王者・中京院大先勝 秋季岐阜L開幕 東海大学野球 − 岐阜新聞 Web

スキップリンク

春王者・中京院大先勝 秋季岐阜L開幕 東海大学野球
2016年08月29日10:04
写真:春王者・中京院大先勝 秋季岐阜L開幕 東海大学野球
中京院大×岐阜大=3回裏中京院大1死、吉川が右中間に勝ち越し本塁打を放つ=長良川

 大学野球の東海地区秋季岐阜学生リーグ(岐阜新聞・ぎふチャン後援)は28日、長良川球場で開会式を行い開幕。1回戦2試合を行い、春優勝の中京院大が岐阜大に6―1、同2位の中部院大が岐経大に6―0で圧倒し、先勝した。

 中京院大は1―1で迎えた三回1死から、プロ注目の吉川尚輝(中京高出)の勝ち越しソロ本塁打など4連打で2点を挙げた。四回にも吉川の適時打などで3点を奪って突き放した。先発のエース柳川優太(大垣日大高出)は二回以降は丁寧に低めに集め、13三振を奪う好投で完投した。

 中部院大は一回、田中力也の右前打で先制すると六回までに小刻みに加点し3−0とリード。八回には大西一馬の2点二塁打などで3点を加え試合を決めた。春最多勝のエース床田寛樹は最速146キロの直球に加え、スライダーなど変化球の切れが鋭く、6安打14奪三振の快投で完封した。

 第1週第2日は29日、同球場で岐経大−中部院大、岐阜大−中京院大の2回戦2試合を行う。