西濃運輸、本大会逃す 社会人野球東海予選 − 岐阜新聞 Web

スキップリンク

西濃運輸、本大会逃す 社会人野球東海予選
2016年09月10日12:07
写真:西濃運輸、本大会逃す 社会人野球東海予選
西濃運輸×JR東海=2番手として登板し、敗れたが2安打に抑える好投を見せた西濃運輸・山下=岡崎市民

 社会人野球の第42回日本選手権東海地区予選第6日は9日、岡崎市民球場で敗者復活ゾーン2回戦2試合を行い、西濃運輸(大垣市)はJR東海(名古屋市)に延長十二回の熱戦の末に2―4で敗れ、5大会連続の日本選手権出場はならなかった。

 西濃運輸は四回に適時三塁打で2点を先取されたが、六回に藤中謙太郎の中前打と阪本一成の二塁打で1死二、三塁から松本直樹、中村優太の2本の適時打で同点に追い付いた。その後、好機はつくりながら、勝ち越し点が奪えず、延長十二回に2失策と適時打で2失点。相手の倍近い11安打を放ちながら敗れた。

 先発の六信慎吾、継投の山下大輝は6安打の粘投をみせたが、打線の援護がなかった。