朝日大が勝ち点 東海大学野球秋季岐阜リーグ − 岐阜新聞 Web

スキップリンク

朝日大が勝ち点 東海大学野球秋季岐阜リーグ
2016年09月11日08:10
写真:朝日大が勝ち点 東海大学野球秋季岐阜リーグ
岐阜大×朝日大=6回表朝日大1死二、三塁、代打で登場し右中間に2点適時二塁打を放つ高橋

 大学野球の東海地区秋季岐阜学生リーグ(岐阜新聞・ぎふチャン後援)第3週第2日は10日、長良川球場で2回戦2試合を行い、朝日大が5−0で岐阜大を下して勝ち点1を手にした。岐聖大は4−0で岐経大に勝利して1勝1敗とし、勝ち点の行方は3回戦に持ち越された。

 朝日大は、技巧派右腕後藤健希(加納高出)に無得点だったが、六回に攻勢。代打川崎公一朗の三塁打を足場に1死二、三塁、代打高橋智也の適時二塁打で2点を先取した。七回にも倉内誠志の適時三塁打などで突き放した。先発越川浩嗣(岐阜第一高出)は初先発で初完封初勝利を挙げた。

 岐聖大は0−0で迎えた六回、2死一、三塁で、安達和貴(山県高出)が左翼に3点本塁打を放ちリード。八回は2死二塁から駒瀬友哉(県岐阜商高出)の適時内野安打で加点した。先発吉田純平(麗澤瑞浪高出)は完封で2勝目を挙げた。

 第3週第3日は11日、KYBで正午から岐聖大−岐経大の3回戦1試合を行う。