FC岐阜、劇的逆転 愛媛を2―1 サンクスマッチ − 岐阜新聞 Web

スキップリンク

FC岐阜、劇的逆転 愛媛を2―1 サンクスマッチ
2016年09月19日09:27
写真:FC岐阜、劇的逆転 愛媛を2―1 サンクスマッチ
試合終了後、ピッチで吉田恵監督(中央)と勝利を喜ぶFC岐阜の選手ら=長良川競技場

 明治安田J2第32節は18日、11試合を行った。FC岐阜は、岐阜新聞・ぎふチャンサンクスマッチとして行われたホームの長良川競技場で愛媛に2−1で逆転勝ちし、13試合ぶりの勝ち点3を手にした。通算戦績は8勝7分け17敗で勝ち点を31に伸ばした。順位は20位のまま。

 試合開始直後の前半2分に試合が動き、岐阜は右CKの守備を誤り相手に押し込まれて失点。その後はロングボールから得点機をつくったFWレオミネイロがゴール前で倒されたという判定で相手DFが7分に退場、岐阜の選手が一人多い戦いになったが無得点で折り返した。

 後半は相手陣内への圧力を強め、8分にMF青木のクロスをGKがはじき、こぼれ球をDF阿部が左足で流し込み追い付いた。一方的に岐阜が攻める展開が続き、最後はロスタイムに獲得した右CKで、キッカーのMFレオナルドロシャが直接ネットを揺らして逆転勝ちした。

 第33節の岐阜は25日、アウェーの維新百年記念公園陸上競技場(山口市)で9位山口と戦う。