山下(市岐阜商)大会新V 県高校新人陸上砲丸投げ − 岐阜新聞 Web

スキップリンク

山下(市岐阜商)大会新V 県高校新人陸上砲丸投げ
2016年09月19日11:10
写真:山下(市岐阜商)大会新V 県高校新人陸上砲丸投げ
男子砲丸投げで大会新をマークし優勝した山下航生=長良川競技場

 県高校新人大会は18日、長良川競技場などで陸上とボートの2競技を行った。

 陸上は男女の決勝18種目を行い、男子は砲丸投げで山下航生(市岐阜商)が16メートル17の大会新で優勝。200メートルで佐々木耀(岐阜聖徳)が21秒68で前日の100メートルに続き、大会記録を更新し、頂点。女子は三段跳びで直井陽奈(斐太)が11メートル46の大会新。棒高跳びは3メートル10で小林美月(県岐阜商)が大会新で制し、上位3人が大会新のハンマー投げは白木七星(市岐阜商)が45メートル79で優勝した。各種目上位6人は東海新人(10月29、30日、名古屋市・パロマ瑞穂スタジアム)に出場する。

 ボートは今夏の全国高校総体準優勝メンバーが残る女子かじ付き4人スカルの加茂Aが3分45秒27で2位に約23秒の大差を付け、圧勝V。男子シングルスカルで希望郷いわて国体に出場する可児健人(美濃加茂)も3分53秒11で制した。