岐経大と朝日大タイ 東海大学野球秋季岐阜リーグ − 岐阜新聞 Web

スキップリンク

岐経大と朝日大タイ 東海大学野球秋季岐阜リーグ
2016年09月26日11:00

 大学野球の東海地区秋季岐阜学生リーグ(岐阜新聞・ぎふチャン後援)第5週第2日は25日、中津川夜明け前で2回戦2試合を行い、岐経大が3―2で朝日大、岐聖大が2―0で中京院大をそれぞれ下し、1勝1敗のタイとした。

 岐経大は2点を追う三回1死一、三塁から城憲輝の2点二塁打で同点。四回に相手捕逸で勝ち越した。先発左腕の栄野川盛隆は立ち上がりに朝日大の4番久保山太奨に2点本塁打を浴びたが、148球の熱投で粘り強く投げ抜き、完投した。

 岐聖大は二回に木村涼太郎の適時内野安打で先制。その後、点を奪えず投手戦が続いたが七回に高橋駿が左越えに適時二塁打を放ち、勝ち越した。先発の1年吉田純平(麗澤瑞浪高出)は低めへの制球がさえ、今季2度目の完封勝利でトップタイの3勝目を挙げた。

 第5週第3日は26日午前10時から、KYBで中京院大―岐聖大、朝日大―岐経大の3回戦2試合を行う。