中京院大が勝ち点3 東海大学野球秋季岐阜リーグ − 岐阜新聞 Web

スキップリンク

中京院大が勝ち点3 東海大学野球秋季岐阜リーグ
2016年10月01日10:38
写真:中京院大が勝ち点3 東海大学野球秋季岐阜リーグ
中京院大×朝日大=1回裏中京院大1死二塁、適時内野安打を放ち貴重な先制点を挙げる山崎=KYB

 大学野球の東海地区秋季岐阜学生リーグ(岐阜新聞・ぎふチャン後援)は30日、KYBで雨天延期の第4週第4日の3回戦1試合を行い、中京院大が3−0で朝日大を下して勝ち点を3として2位に浮上した。

 中京院大は一回、吉川尚輝(中京高出)の四球を足場に1死二塁から、山崎善隆の内野安打で先制。三回にも四球出塁の吉川を山崎が二塁打で返し、四回には吉川の右犠飛で3−0とリードした。

 先発の1年生右腕長島彰が7安打されながら要所を締めて朝日大に2試合連続完封。今季トップタイの3勝目を挙げた。

 第6週第1日は1日、同スタジアムで中部院大−岐聖大、岐経大−岐阜大の1回戦2試合を行う。優勝争いは中部院大、中京院大の2校に絞られたが、第6週で中部院大が岐聖大に2連勝すれば、最終週を待たずに6季ぶり11度目の優勝が決まる。