大垣南高V2 いわて国体フェンシング男子 − 岐阜新聞 Web

スキップリンク

大垣南高V2 いわて国体フェンシング男子
2016年10月05日09:20
写真:大垣南高V2 いわて国体フェンシング男子
2連覇を達成したフェンシング少年男子の大垣南高。(右から)鈴村元宏監督、鈴村健太、浅野裕暉、伊藤拓真=4日午前11時53分、岩手県、一関市総合体育館

 第71回国民体育大会「2016希望郷いわて国体」第4日は4日、岩手県の一関市総合体育館などで19競技を行い、岐阜県勢は9競技に出場。フェンシング少年男子の大垣南高が、2年連続7度目の優勝を果たし、今大会の県勢優勝第1号となった。

 フェンシングは少年女子も3位入賞となり、競技別天皇杯(男女総合成績)でも和歌山などとし烈な争いを続けている。成年女子エペは2回戦、成年男子サーブルはベスト16進出を決めた。

 ライフル射撃は、成年男子のエース格の橋爪一馬(関有知高教)が、ライフル膝射(20発)で準優勝。少年女子ビームライフル立射(40発)の長谷川愛美(関有知高)も20発に続く2種目連続の準優勝。

 馬術の成年男子自由演技馬場馬術の小川尚也(互洋商事)と、セーリング少年男子レーザーラジアル級の吉安慶佑(海津明誠高)は、ともに4位入賞。セーリングは第3日を終えた成年女子セーリングスピリッツ級の伊藤有希(至学館大、海津明誠高出)、渡辺絵美(共立ビジネスサービス)組が2位に再浮上。同レーザーラジアル級の松永貴美(大垣共立銀行)が7位につけている。

 バドミントン成年女子の岐阜トリッキーパンダースは、準々決勝で惜しくも敗れ、5位入賞。重量挙げは初開催の女子53キロ級の高橋いぶき(金沢学院大、海津明誠高出)がスナッチとジャークともに8位入賞となった。テニス成年女子は8強入りしたが敗れ、7、8位決定戦に回った。

 第5日は5日、同総合体育館などで17競技が行われる。