飛騨高山6連敗 ハンド女子日本L ホーム戦飾れず − 岐阜新聞 Web

スキップリンク

飛騨高山6連敗 ハンド女子日本L ホーム戦飾れず
2016年10月17日09:17
写真:飛騨高山6連敗 ハンド女子日本L ホーム戦飾れず
飛騨高山×広島=後半26分、4得点目を決め、復調の兆しを見せ始めた飛騨高山・金(右)=飛騨高山ビッグアリーナ

 ハンドボール女子の日本リーグ第5週第2日は16日、高山市の飛騨高山ビッグアリーナなどで2試合を行い、飛騨高山ブラックブルズ岐阜は16−21で広島メイプルレッズに敗れ、開幕6連敗。順位は最下位。

 前半、両チームとも激しい攻防を見せたが、次第に広島にロングシュートやサイドシュートで点を重ねられ、19分過ぎから5連続失点し、7−12で折り返し。飛騨高山は後半、守備のシステム変更が奏功し、パスカットから広田理紗や比嘉桃子らの速攻で流れをつかんだかに見えたが、シュートミスも多く、最後まで点差を詰められなかった。

 飛騨高山は第6週第2日の23日、静岡市中央体育館で北国銀行(石川)と対戦する。